前へ
次へ

通販が頼りの時代に突入しています

通販で買い物をすることが、当たり前の時代にました。
その理由に地方都市の衰退があり、人工減が続き百貨店の撤退が続いています。
百貨店の存在は街にシンボルでもあり、人々に活気を与えてくれるものでした。
百貨店の良い所は、良い品物が揃っていることです。
家電以外の品は大方揃う店舗が多く、一軒のお店で買い物を済ますことが出来ました。
その百貨店がなくなった今、顧客は一時路頭に迷うことになってしまったのです。
近くにあるスーパーやロードサイド店で購入するものとは、質があまりにも違いすぎることが原因でした。
スーパーやロードサイド店では、一流品があったとしても数が少なく、欲しい商品選びが出来る状態にはなりません。
大きな違いは百貨店では一流メーカーの商品がたくさん並び、質の良い製品の購入が出来ていました。
そこでスーパーやロードサイドの店舗で購入出来ない商品は、通販に頼るしかなくなったのです。
質が良くいつまでも使える商品の購入は、直接メーカー等から購入する手段しかなくなってしまったことが通販に頼ることになりました。
今や地方都市に住む人たちにとって通販は、なくてはならないものとなりました。
欲しい物を手に入れるためには、通販しか方法がない時代になってしまったのです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren12set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top